2009年07月29日

【ビジネス】電通の挑戦

非常に注目のニュース
あの最大手広告代理店、電通が攻めに出ました。

電通グループの新中期経営計画「Dentsu Innovation 2013」について
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2009/pdf/2009047-0721.pdf

イノベーションに挑戦しようとする姿勢を強調してますね。
ここで活路を見出せないと、実際今の広告代理店は非常に厳しい状況にあるのでしょう。
目を離せないニュースです。

もはや、電博といった広告代理店は高給とステータスを求めて入社するところではないのでしょう。
だからこそ、本当に強い想いと問題意識、センスを持った人間が集まり、イノベーションを起こしてくれたらと、心から思います。



posted by ウエハラ at 04:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
具体性に欠け、保守的にしか中期経営計画からは受け取れないと思います。イノベーションを起こすにしても人が原点で、その人に関する項目が特に具体性に欠けます。電通はもっと成果主義導入すべきじゃないでしょうか?日本を代表する大企業として躍進していってもらいたいですね。
Posted by 443 at 2009年07月29日 08:45
コメントありがとうございます。
まぁたった3枚の概要書ではそこまで具体性を持った内容は難しいでしょう。
評価主義に関しては特に分かりませんが、電通が「プラットフォーム」という概念を用いることは大きな意義があります。今までのビジネスモデルを覆しかねないことですからね。
Posted by tatsu at 2009年08月07日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック